昭和造園の紹介

甘泉園公園

当社は、都市化により失われつつある緑の回復をはかって、公共緑化に、企業緑化に、そして住まいの緑化に取り組んでいます。
広範囲な知識と技術の蓄積、調査、設計、監理を含めた総合造園業にいち早く着手し、創業以来60年間にわたり豊富な実績を重ねてまいりました。
これからも私たちは、緑を愛する技術者集団として、さらなる情熱を注いでまいります。

 

 

会社概要

商号

株式会社 昭和造園

創業

昭和32年11月15日

資本金

2,000万円

営業種目

造園・土木設計・施工、管理、運動施設の管理、樹木・土壌診断、樹勢回復、環境リフレッシュ工法(HBT工法)

建設業許可番号

国土交通大臣許可(特-1)第3091号 造園工事業、土木工事業、とび・土工工事業

ISO認証番号

ISO 9001 BCJ-QMS-0128(造園工事の設計、施工及び緑地維持管理 土木工事)

代表取締役社長

卯之原 昇

所在地

本社住所
〒168-0063 東京都杉並区和泉4丁目42番33号
TEL:03-3315-9796(代) FAX:03-3315-9750
新宿営業所
TEL:03-3351-7843 FAX:03-3351-2524
川崎営業所
TEL:044-244-6326(代) FAX:044-211-5741

従業員

全30名(令和2年1月現在)

資格

1・2級造園施工管理技士
1・2級土木施工管理技士
1級建築施工管理技士
1級舗装施工管理技士
樹木医
1・2級造園技能士、造園指導員
登録造園基幹技能者
公園管理運営士
街路樹剪定士、街路樹剪定指導員
植栽基盤診断士
VEリーダー
上級修景士
グリーンアドバイザー
農薬管理指導員

主要取引先

宮内庁、国土交通省、環境省、UR都市再生機構、東京都、杉並区
新宿区、川崎市、東京地下鉄、東京工業大学、民間企業、個人庭園
清水建設、野村証券、花王、岩倉建設、島村工業、近鉄住宅管理 等

苗圃

千葉県佐倉市上志津原

独自技術

HBT工法、屋上緑化技術、樹木診断、植栽基盤診断、校庭緑化技術、壁面緑化技術

主要取引銀行

三菱UFJ銀行四谷三丁目支店、四谷支店、川崎駅前支店
商工中金本店

みずほ銀行 方南町支店

東日本銀行 代田橋支店

 

 

 

昭友安全協力会

目的

昭友安全協力会は、当社と協力会社の緊密な協力関係を保持しつつ、会員相互の技術の向上・災害の防止・保険衛生知識の普及等をはかり事業の健全な発展に寄与するとともに会員相互の親睦を図ることを目的に昭和60年12月に設立されました。

 

活動内容

「保険等の上乗せ補償、冠婚葬祭、安全大会の開催、研修会、講習会、その他事業」

 

「令和元年度安全衛生推進大会」

日時:令和元年9月24日(火) 13時30分から
場所:杉並区「方南会議所」内

参加者:社員、協力会社(58名)

内容

・H30年度表彰工事報告

・安全講習会~事故から学ぶ安全管理~

・安全研修会~維持管理工事におけるリスクアセスメント~

・研修報告会

 「一造会・京都庭園巡り研修」「一造会・ハワイ研修」

 「一造会・秋田パークゴルフと指定管理」

 「日造協・北京国際博覧会」

・安全講演会「ストレスに負けないカラダづくり~ストレスの理解と対処の方法について~」

 

研修会

「現場研修会」

日時:令和元年5月18日(土)~19日(日)

場所:長野県松本市内「信州花フェスタ」会場見学、黒部ダム

参加者:社員、協力会社(43名)

 

その他事業

第35回総会(令和2年2月20日開催)・役員会等

 

役員

会長:菊地康雄

副会長:高梨 健

幹事:村田典生、岩下陽一、北田雅也、今関 忠

監事:板倉洋一、尾崎泰史

相談役:卯之原昇

事務局:前島重男、入澤和人

 

設立30周年記念誌

昭和60年12月設立総会、61年1月より活動開始

平成28年12月、会設立30年を記念し、昭友安全協力会「30年のあゆみ」を発刊しました。